top of page
検索
  • taomed2020

第4回地方創生医師団シンポジウム(島根・六日市)

更新日:2023年3月25日

【第4回実施概要】

 日程:令和5年10月8日(土)~10月10日(月)


▼プログラム

 10/8:前夜祭

   15:00-16:30 六日市病院見学(optional tour)   

    

    懇親会、宿泊:むいかいち温泉ゆらら 

     ※病院見学を希望されない方、病院見学時間以降に到着される方は、

      直接むいかいち温泉ゆららへお越しください

    宿泊・懇親会費:一般 約12000円 学生 6700円


 10/9:地方創生医師団総会

   8:30- 16:00 地方創生医師団本会

     場所:吉賀町社会福祉協議会 大会議場(MAP

      昼食代:1340円


   16:00→18:30 マイクロバスで移動

      懇親会、宿泊:明石みどりが丘公園

      →ログハウス、和室、コテージ

      宿泊・懇親会費:一般:約1万円、学生約5000円 (最終調整中)


 10/10:コミュニティナース見学

   9:00-12:00:コミュニティナース

     ※10/9場所変更あります

      場所:室山のお家(瓦葺の家)      

   12:30-13:30 昼食 (弁当代 1100円)

  14:00:解散、出雲市へマイクロバスあり

   ※14時前に帰られる場合、自家用車・レンタカーの乗り合わせなどをお願いすることがあります



▼内容:

10/9

8:30-9:00:

座長:岩下義明

演者:谷浦博之 基調講演「26年の歩み」


9:00-10:30:第一部:田舎に医療者を増やすには?

座長:橋本麻里奈

青木信也 塩田病院 「ER×地域医療 ~GENEPRO1期生の視点から~」

樋口大 島根県立中央病院「行政×大学×病院とスクラムを組んだら、島根の医療の裾野を広げることができた件」


10:30-12:00 第二部:ひとの集まる組織づくり

座長:酒井郁弥

岡山有美子 芽室病院 「地方創生看護師(仮)」

江草典政 島根大学病院「ひとの集まる組織の作り方」


13:00-14:30 第三部:まちづくり

座長:上西凛太郎

村岡ケンイチ 「医療とアートの学校×まちづくり」

土屋有  宮崎大学 「学生のチャレンジと地域づくり」


14:30-15:30 学生企画

座長:大井礼美

「ゆめ、目標、野望」についてディスカッション


10/10:

テーマ: 医療者がまちづくりに関わることの意義・方法

コミュニティナース

12:30-13:30 ランチ

14:00木次駅発、出雲市駅行きバスあります




<大会委員長からの挨拶>


皆様、ご参加いただきありがとうございました。「地方の地味な診療の現場から世界を驚かす仕事をする」これは、私が研修医時代にたてた野望です。まだ、世界には辿り着いていませんが、大好きな島根で、アツい思いでアツい仕事をしているひとたちを紹介できたことで、ひとつの夢のかたちを実現できたと思っています。26年前、外科医が心停止の患者の治療を知らないのは当たり前でした、私が学生時代、学生でACLSを勉強することは珍しいことでした、10年前、呼吸不全の患者にECMOを使うことは非常識でした。今から20年後、「私が学生の時はね、医療者が地域で働くって、やりがいのない仕事だと思われてたんだよ」

島根大学医学部救急医学講座

岩下 義明


 


<参加者の様子>

1日目:

左:六日市病院  中央:1日目総会  右:ランチ(地元山賊焼)


1日目 懇親会 

左:六日市病院 谷裏博之院長 乾杯  右:岩下大会委員長 挨拶


2日目 懇親会・二次会


3日目

左:コミュニティーナース  右:フィナーレ



問い合わせ窓口

  地方創生医師団に関する窓口は次の通りです。

  ご不明な点や質問などありましたらご遠慮なくご連絡ください。


  ①島根大学医学部救急医学講座 : 岩下義明

   メール:iwaci1ta@med.shimane-u.ac.jp

  ②NPO法人病院経営支援機構 合谷貴史(ごうやたかし)

   携帯:090-8463-2177 メール:gohya@hms.or.jp



閲覧数:404回0件のコメント

Comments


記事: Blog2 Post
bottom of page